360度の視点から関わり
コンテンツ制作をする
喜びとやりがいある仕事

吉田 祥子

ビジネスソリューション本部 ビジネスプロデュース局国際ビジネス開発部

海外向けコンテンツ販売

仕事内容を教えてください。

テレビ朝日の代表的なアニメ作品である『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』、『体操ザムライ』などの大人アニメの、海外販売窓口を担当しています。
具体的には、『ドラえもん』は毎年ベトナムで劇場公開している為、興行最大化を目的に現地ライセンシーと各プロモーション施策の監修や国内との調整を図ります。『クレヨンしんちゃん』は各国商品化の監修や、配信に向けた英語吹替版制作の統括を行います。コロナ前は海外マーケット(MIPCOMやATFなど)にも足を運び、こういった作品のセールスのため、直接各国の放送事業者、配信業者などと打ち合わせをしておりましたが、最近ではオンラインで商談を行っています。

どんな学生でしたか?

舞台、雑誌、映像、イベントなど、人と何か一緒にモノを作り上げたり、一つの目標に向かって仲間と走ったりすることが大好きだったので、ゼミ、サークル、課外活動、インターン、短期留学など、興味のあるものには全て参加し、思いつく限り何でも手を出してやってみないと気が済まない学生でした。学生のうちに行かないと!という気持ちも強く、海外にも時間の許す限り行きました。今思うと少し生き急いでいたなと思いますが、その中でできた友人やお世話になった先生方、先輩や後輩は今でも公私ともに相談できる方々ばかりで、本当にありがたく感じています。とにかく走り抜けた学生生活だったので後悔もなく、いい思い出しかありません。

今までの仕事で最も印象に残っている出来事は何ですか?

カンヌで毎年10月に行われるMIPCOMというコンテンツ見本市で、『SUPER SHIRO』という作品のワールドプレミア&レッドカーペット登壇のお手伝いしたことです。
世界的に知られている『クレヨンしんちゃん』のスピンオフ作品だからこそ、注目度はとても高く、DisneyやNetflix等、名立たるライセンシーを招待してのイベント準備、シロのレッドカーペットデビューのための調整など、所属部としても初めての経験の連続で、とてもやりがいのある仕事でした。イベント終了後も英語吹替版の制作監修を担当させていただき、それがAPACで今放送されているのだと思うと、とても感慨深いです。

テレビ朝日に入ってよかったなと思うことは何ですか?

一番は、テレビ朝日が制作するコンテンツに、様々な角度から携わることができる点です。
テレビ局は総合エンターテイメント会社だと思っています。以前はイベントと営業の部署にいたのですが、イベントでは番組から派生した音楽フェスの立ち上げ、営業では番組と連動したインフォマーシャルの制作、スポンサーのニーズに合わせた一からの番組制作を行うこともありました。ほかにも、映画や出版、デジタル、商品化の部署もあり、一つの会社内でコンテンツビジネスを360度から見て携わることができるのは他の会社にはない魅力の一つです。その影響力の大きさを感じた時に入社してよかったなと思いました。

仕事終わりや休みの日は何をしていますか?

オンとオフの切り替えが大事だと思っているので、仕事をするときは集中し、オフになった時は仕事を忘れて友人とボルダリングをしたり、新しいレストランを開拓したり、映画館に足を運んで話題になっている作品を鑑賞したり、美術館に行ったり、趣味であるワインや日本酒の勉強をしたり、整体に行ったりと、『発散・リラックス・吸収の時間』に当てています。もちろん、学生時代と変わらず旅行は大好きなので、国内外問わず時間がある際には足を運びますが、現在は、なかなか難しくなってしまったので、都内でも宿泊できる温泉施設などで気分転換をしています。

学生へのメッセージをお願いします!

利益や結果に縛られず、自由に時間が使えて好きなものに没頭できる。そんな学生の時間はとても贅沢で、本当に貴重だと思います。もちろん、社会人になってもそれがなくなるわけではなく、私も幸いテレビ朝日にいながら、仕事とプライベート時間のバランスをとることができています。ですが、ゆっくり物事を考えたり、「好き」を追求できたりする時間は学生時代と比べると少なくなります。私はエンターテインメント以外の仕事に就くことを、想像することができませんでした。ぜひ自分の「好き」は何なのか、なぜ好きなのか、それを通じて何を実現したいのか、少し立ち止まってゆっくり考えてみて下さい。
皆様の後悔ない就職活動になることを祈っています!

5 go! to the futureOTHER MEMBER

ENTRY 2023