テレビ朝日の変化を
最前線で味わえる
営業職の楽しみ

山本 順三

ビジネスソリューション本部 セールスプロモーション局オンラインビジネス部

デジタルセールス

仕事内容を教えてください。

営業です。
ただ、今の私は皆さんの多くがイメージされるような「営業=CM枠を売る」ではなく、
テレビCMとデジタル広告(TVerやABEMAなど)を組み合わせ、より効果的な宣伝ができるよう、
広告主や広告会社に提案しています。

例えば、化粧品会社様から、若年女性に広告が届きにくいという声をいただいた際には、
ターゲットの視聴率が高い番組と連動したコンテンツ(CMやネットムービー)を制作し、
テレビCM枠とデジタル広告を組み合わせることで、若年女性がその商品のホームページにアクセスしたり、購入したくなるような仕掛けを提案します。

また、データを活用することで施策の効果計測を行い、テレビ朝日と組んでよかったと思ってもらえるような取り組みをしています。

どんな学生でしたか?

車用品店でタイヤを販売するアルバイトに熱中していました。
来店されるお客様は老若男女で実に多種多様。そんな方々にタイヤのよさを伝え、買っていただくためにどうすればいいか…。
世代別のアプローチ、車の利用法に応じた提案など自分なりに戦略を考えたこと、初対面の人と話すという経験、
これらが営業職として働く今の自分のベースになっています。

また、大学ではスポーツマーケティングを学んでいました。
ゼミの仲間たちとは、授業や卒論だけでなく、就職活動でも情報共有をしながら励まし合いました。
今でも大切な友人たちとの出会いがあった学生生活でもありました。

今までの仕事で最も印象に残っている出来事は何ですか?

新会社UltraImpressionを立ち上げ、予算を達成したことです。

テレビセールスを12年間経験した後、2018年にAbemaTVに出向してデジタル広告の世界に飛び込みました。
その後、テレビ朝日を中心に設立したデータを活用した広告配信技術を持つ会社であるUltraImpressionの立ち上げメンバーとしてセールス担当になりました。
営業戦略(提案先の選定や強みを活かしたメニュー作り)を立て、広告主や広告会社の開拓を行いました。かばんがパンパンになるほどセールスシートを入れて、毎日へとへとになるまで外回りを続けた結果、予算を達成することができました。

その時の喜びは忘れられません。

テレビ朝日に入ってよかったなと思うことは何ですか?

刺激的な数多くの経験ができることです。
1社提供の音楽番組を担当している時は、一流のクラシック音楽に触れ、
テレ朝夏祭りでは、飲料会社様と一緒に毛利庭園の上に水上テラスを設営し、飲食事業を行いました。
AbemaTVへの出向やUltraImpressionの立ち上げを経験し、デジタル広告のスキルを身に付けることもできました。
現在は、テレビ×データ活用という今後注目を集めるであろう領域を推進しています。

また、それぞれの仕事で、尊敬できる多様な仲間とも出会えました。
営業の範疇に収まらない、刺激的な経験をさせてもらえることが魅力だと感じています。

仕事終わりや休みの日は何をしていますか?

休みは基本的に土日祝日なので、予定が立てやすいことは営業のメリットです。

最近は、学生時代や同業の仲間たちと一緒に、ホームパーティをしてリフレッシュしています。

お仕事をご一緒して以来、サッカーゲームの「ウイニングイレブン」にハマってしまい、
社内外の有志でオンライン対戦をしたり、ゲーム会社主催の大会に参加したりして楽しんでいます。

また、テレビやTVerでドラマやバラエティ番組をチェックすることも欠かさずに行っていることです。
自社だけでなく、他局の話題コンテンツやWEBで人気の動画も積極的に観て、トレンドを追いかけています。

学生へのメッセージをお願いします!

テレビ朝日は新しい仕掛けを作り続けています。

若年層向けにAbemaTV、データ利活用のUltraImpression、コンテンツを起点にした話題化施策など、
独自の強みを伸ばす取り組みを強力に進めています。営業はその最前線で変化を味わうことができます。

新しい事業や仕掛けは、楽しいだけではなく憂鬱なこともありますが、前向きに楽しめる人にはぴったりだと思います。

私は、面接官だった(今でも尊敬する)先輩と巡り合い、テレビ朝日で仕事がしたいと強く思いました。
そんないい出会いが皆様にもあるといいなと思います。一緒に働ける日を楽しみにしています。

5 go! to the futureOTHER MEMBER

ENTRY 2022

ENTRY 2023