MENU

CLOSE

技術の仕事

西脇 由希子

設備センター
早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 卒業

自己紹介

はじめまして!技術局 設備センター 業務システムグループ 2年目の西脇です。
大学時代所属していた研究室では3DやVR等を初めとしたメディアの活用や人への影響について研究していました。
その中で私はエルゴノミクス製品と呼ばれる「人に優しい」をコンセプトにデザインされた製品の研究を企業と合同で行っていました。その研究をきっかけに将来も「先端技術で人を楽しく、快適にする仕事に携わりたい」と考えるようになりました。
そんな時にテレビ局に勤めていた研究室の先輩から「西脇がやりたいことはテレビ局でも実現できる」というアドバイスをいただきました。もともとテレビ局志望ではなかったのですが、ハイブリッドキャストやARを用いた映像制作等、テレビ局でも先端技術に取り組み業務に活かしていることを知りました。また、テレビという媒体を通して全国の多くの人を同時に感動させることができるテレビならではの特性に惹かれ、志望するようになりました。
研究以外では、大学の4年間アルバイトで子供向け英会話の家庭教師をしていて、毎週ちびっ子たちと戯れていました。

学生時代に学んだことを生かしてこんな仕事をしています

私の所属している業務システムグループは一言でいうと「社内の業務や全体の仕組みを把握し、それをシステムで支える」部署です。

扱っているシステムは、テレビ局ならではのものから一般的にどの企業も利用しているものまで多岐に渡ります。私はこれらのシステムをプロジェクトマネージャーとして担当し、開発とその後の運用・保守を行っています。まだ入社2年目ですが、すでに10件ほどのシステムを担当させていただいており、毎日が充実しています。

その中で私が現在最も力を入れているのが社内イントラの更新です。
デザインや機能を一新すべく、メーカーと仕様を検討したり、ローンチまでのスケジュール管理を行っています。
この仕事を通じて得た大きな気づきは、「ユーザと向き合って会話をすること」です。「各部署でどのような業務が行われているか?」「業務で困っていることはあるか?」「業務効率化についてアドバイスできることはあるか?」など、実際に各部署に足を運び、直接お話をし理解を深めることが、良い結果に繋がることを学びました。

学生時代は「先端技術を通して人が快適に過ごせる環境づくり」に興味を持ち、研究を行っていました。取り扱っている技術は違うものの、「ユーザが業務をする上で効率良く、快適なシステムを作る」という点では学生時代の考え方が活かされていると感じます。

システムに関しては学生時代に情報系の勉強をほとんどしたことがなく初心者でしたが、日々勉強しながら仕事に取り組んでいます。また、先輩方が折に触れて勉強会を実施してくださるので、周りにサポートしていただきながら取り組むことができています。

1日の仕事の進め方

10:00
出社後、メールチェックこの日はサッカーW杯予選の中継があり、館内放送で番組の告知が。朝から社内が盛り上がり、私も気合が入ります。
11:00
資料作成Excel、PowerPoint、Wordといった、資料作成における「三種の神器」をフル活用して打ち合わせや説明会の準備をします。
12:00
昼食普段は部署の先輩方と行くことが多いです。この日は六本木のパスタ屋さんでした。
13:00
デザイン打ち合わせ新しく作る社内ホームページのデザインについて検討。かっこいいデザインやUIが上がってきますが、予算が…バランスが難しいところです。
15:00
ヒアリングシステムがローンチした後もユーザにその後の状況をヒアリング。ヒアリング後は、改善事項として必要なものをピックアップし、システムに反映します。システムを構築するだけでなく、こういったフォローも大事な仕事の一つです。
16:00
社内向け説明会を主催全社的なシステムを構築する時は全部署の方々に集まっていただき、概要や使い方について説明会を行います。2年目にも関わらず主催者として数十人の前で説明…何か月も前から準備し、前日はほとんど眠れないほど緊張してしまいましたが、無事終了することができました。
18:00
社外でワークショップに参加「未来の通信×テレビ」というテーマで通信会社の方々とディスカッションを行いました。ブレスト形式で、「AI」「ビッグデータ」「5G」といったキーワードが飛び交います。普段話す機会がない方々と意見を交換したり、外から見た「テレビ朝日」について伺うことができ、とても刺激的でした。
20:00
退社後、飲み会へ!営業局の方々と飲み会へ。営業局のシステムを担当したことがきっかけで誘っていただくようになりました。このような業務時間外に得る情報も勉強になることが多く、先輩方や同期と飲みに行く機会を大事にしています。
23:00
帰宅、就寝

就職活動中のみなさんへのメッセージ

テレビ局は「圧迫面接が多い」というイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、私がテレビ朝日を受けた時は一次から最終面接まで穏やかで楽しい雰囲気の面接でした。それは聞き上手の先輩方が多いからなのだと入社して気づきました。ですので、皆さんも「会話を楽しむ」スタンスで是非テレビ朝日を受けてみて下さい。テレビ朝日で実現したい夢や、テレビ朝日を変えたい気持ちを思いっきりぶつけてみて下さい!うまく話せなくても大丈夫です!!
皆さんの気持ちをを受け止めてくれる聞き上手の先輩方がお待ちしています。
皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています!