MENU

CLOSE

河本 祐典
スポーツ局 スポーツセンター
死ぬほど自分と向き合って
自問自答して
自分のやりたい事を見つけてください。
CAREER入社から現在までの経歴
2007年
入社。スポーツ局に配属。サッカー班として中継の準備など行う日々
2009年
ディレクターとして初めて取材、編集したサッカー選手のVTRが「やべっちF.C.」で放送される。
2010年
AFCチャンピオンズリーグでサッカー中継の中継車ディレクターを初めて任される。
2014年
ブラジルW杯を現地で取材
2015年
サッカー班のチーフディレクター
PROJECTいま、あなたが担当している仕事ついて教えてください

サッカー班のチーフディレクターとしてW杯アジア最終予選の中継演出を担当。その他、日本代表選手の取材やロケを行い、「報道ステーション」や「やべっちF.C.」などで企画を制作したり、「とんねるずスポーツ王」や「アメトーーク!サッカー日本代表応援芸人」などサッカーが関わる番組制作にはすべて携わります。

WORKあなたの仕事について詳しく教えてください
今担当している仕事で一番楽しかったこと・辛かったことは?

一番大変だったのは有名サッカー選手の取材です。滅多に取材を受けることがなく、欧州まで行って一言もコメントを撮れず、上司に激怒されたこともありました。それでも休みを利用して本人を説得しにいったり、ここでは書けないところまで追いかけた結果、独占取材に成功。数年かけて臨んだあの日のインタビューは一生忘れません。

仕事をする上で、常に意識していることを教えてください。

自分が背負うという覚悟です。誰かが何とかしてくれるという甘えを排除して、何があっても言い訳しないこと、最後まで逃げないこと、言い訳する材料をすべてなくしてやれることをすべてやりきること、精神論がすべてではありませんが、最後はその覚悟が大切ではないかと信じています。

番組制作におけるテレビ朝日の良いところを教えてください。

どこよりもサッカー愛があることです。日本サッカーへの熱い思いを持つセルジオさん、松木さん、川平さん、中山さん、矢部さん。出演者に劣らない思いを持つアナウンサー。選手たちを誰よりもリスペクトする制作&技術スタッフ。そんな一人一人の熱い思いが集まって番組制作、中継制作をできる事は何よりの幸せだと思います。

DAILY SCHEDULE1日のスケジュール(※サッカー日本代表戦、中継当日のスケジュール)
9:00
出社
制作スタッフ全員で中継用具を持って埼玉スタジアムへ移動
11:00
中継打ち合わせ
番組の流れ、中継の狙いなどを制作スタッフ、技術スタッフと確認。
12:00
各ポジションのカメラ位置を確認して撮りたい映像を自分の中で整理する
13:00
昼食
制作、技術スタッフと一緒にゲン担ぎの意味を込めてカツ丼を食べる
14:00
進行リハーサル
試合の運営を担当する日本サッカー協会、広告代理店のメンバーと当日の進行を確認。
15:30
カメラ・スロー打ち合わせ スイッチャ―やカメラマンと一緒に映像を見ながら選手の特徴やチームの戦術などを共有。撮りたい映像やサイズなどを細かく話し合い、中継演出、カット割りを確認する。
17:00
出演者打ち合わせ
試合のテーマ、見どころ、取材情報などを解説者・実況アナウンサーと共有し、中継の方向性を確認する。
18:30
直前リハーサル 出演者と一緒に段取りを最終確認。
19:00
OA開始
中継車の中でスイッチャーやカメラマンへカット割りの指示をしたり、コメンタリーを管理する放送席へ指示をするなど、中継に関わるすべての演出を行う。
22:00
OA終了
取材エリアでインタビュー取材
22:45
報道ステーション スポーツコーナーでの中継(スタジアムで行うすべての中継作業を担当します) 
23:00
撤収作業
0:00
帰社
出演者、制作、技術スタッフで反省会を兼ねた打ち上げ