HOME > 会社情報 > 社長定例会見

社長定例会見

「角南源五社長 社長会見(7月3日)要旨」

2018年7月4日
2018年7月3日 社長会見要旨


※視聴率状況について。
角南社長:視聴率状況については、年間、4月クールともに、全日、ゴールデン、プライムいずれも2位という状況だ。朝の報道情報ベルト番組が引き続き民放トップレベルの視聴率を獲得し、好調に推移している。また、連続ドラマでは、「特捜9」「未解決の女 警視庁文書捜査官」「警視庁・捜査一課長」の当社3作品が民放トップ5にランクインした。スポーツでは、「2018FIFAワールドカップロシア」の中継枠が高い視聴率を獲得した。このような状況を受け、4月クールの視聴率では、全日帯が週平均で13週のうち5回トップに立つなど、トップ局との接戦に持ち込めた。前回のこの場でもお知らせしたが、今年で5回目となる「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」がいよいよ来週14日からスタートする。この大型イベントとも連動しながら、7月クールもさらなる視聴率アップを目指していきたいと思っている。
亀山専務:年の半分が終了した。年間平均は、全日が7.6%、ゴールデンが10.5%、プライムが10.5%、プライム2は5.4%で、いずれも2位という状況。4月クールの平均視聴率は一昨日に締まった。全日が7.5%、ゴールデンが10.0%、プライムが10.2%、プライム2は5.4%で、全区分2位という結果。前年比では、全日が+0.3ポイント、ゴールデンが+1.0ポイント、プライムが+0.8ポイントとなっている。全日帯では引き続き朝のベルト番組が好調で、「グッド!モーニング」は7時台の平均が自己最高の9.5%をマークした。「羽鳥慎一モーニングショー」は平均8.9%で、NHKと同率の同時間帯トップを獲得した。ゴールデン帯では先ほども紹介があったが、「特捜9」が14.0%、「未解決の女」が13.0%、「捜査一課長」が12.8%と、いずれも好調で終了した。今後の主な放送予定は、現在決勝トーナメントが行われている「ワールドカップ」は、本日「スウェーデン対スイス」、12日「準決勝」、14日に「3位決定戦」の放送を予定している。プロ野球では、7月13日、14日 に2夜連続で「マイナビオールスターゲーム2018」を中継する。ゴルフでは「第147回全英オープンゴルフ」と「第42回 全英リコー女子オープンゴルフ」、そして8月には16年ぶりとなる日本開催の「パンパシ水泳 東京2018」を、8月 9日から4夜連続で中継する。7月クールの連続ドラマも、7月11日に「刑事7人」、翌12日に木曜ミステリー「遺留捜査」、そして19日に木曜ドラマ「ハゲタカ」、27日に金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」、28日に土曜ナイトドラマ「ヒモメン」がスタートする。
※ドラマについてだが7月クールに向けての意気込みを。
角南社長:7月クールは、水曜9時「刑事7人」と木曜8時「遺留捜査」の人気シリーズは昨年と同じ作品を、より一層魅力的な内容にして継続している。木曜9時の「ハゲタカ」は、誰もがタイトルを知る作品をチャレンジングに展開していく。金曜ナイトドラマ「dele」、土曜ナイトドラマ「ヒモメン」では、意外性のあるキャストや題材で挑戦していく予定である。
※7月6日から「クレヨンしんちゃん」のしんのすけ役の声優が代わることについて。
角南社長:矢島晶子さんには、1992年4月13日の放送開始から26年3か月ご出演頂いていたが、今回ご本人よりお申し出があり、降板されることとなった。矢島さんには、特徴ある声、言い回しでキャラクターに生き生きとした命を吹き込んで頂き、「クレヨンしんちゃん」が世の中にブームを起こし、国民的アニメとなるのに多大なる貢献を頂いた。長きにわたって作品を支え続けて頂いた功績に、心から感謝を申し上げたいと思う。今週7月6日の放送分から小林由美子さんにバトンタッチする。小林さんは、これまで数々のアニメ、海外ドラマ、映画等で、元気いっぱいの少年やちょっとドジな男の子、時にはキュートな動物キャラクターまで、さまざまな役を可愛く、元気に、面白味たっぷりに演じてこられた実力派声優だ。天真爛漫で、破天荒で、超がつくほど自然体な、“嵐を呼ぶ5歳児”であるしんちゃんを、“小林さん風”に魅力的に演じて頂けると思っている。
※7月から放送予定だった「幸色のワンルーム」を放送見送りにした理由と経緯について教えてほしい。
亀山専務:「幸色のワンルーム」はご存知のようにABCテレビの制作のドラマで、当社でも放送を予定していたが、ドラマの詳細が上がってきたところ、色々とまた精査した結果、テレビ朝日の編成としては、総合的な判断の中で放送を見送ることにした。
※営業状況について。
角南社長:5月の営業売上は、タイムは前年比100.7%、スポットは93.3%、トータルでは96.7%で確定した。タイムは、レギュラー番組のセールスには苦戦をしたものの、「キリンチャレンジカップ ガーナ戦」、バドミントン「トマス杯」「ユーバー杯」等で増収となり、前年水準を超える売上となった。スポットについては、東京地区は引き続き低調で92.7%となった。当社は地区を上回りシェアアップは達成したものの、前年比で大幅な減収となった。6月の営業売上は、タイムは前年比109%±α、スポット91%±α、トータル100%±αで推移している。タイムは、「ワールドカップ」や「全米オープンゴルフ」といった大型スポーツ案件がけん引し、増収となる見込みだ。スポットは、東京地区は前年96%程の見込みだ。当社は前年同月が高シェアであったことの反動もあり、苦戦を強いられている。7月の営業売上は、タイムが前年比84%+α、スポットが88%+α、トータルでは86%+αで推移している。タイムは、「全英オープン」「マイナビオールスター」といった大型スポーツ単発があるので、そのセールスに努めていく。スポットは7月は徐々に市場が動いてきた。積極的なプロモートで売り上げを積み上げていく。
※放送外収入について。
武田専務:AbemaTV では、7月13日、14日の2日間、地上波で生中継が予定される「マイナビオールスターゲーム」を、試合前のホームランダービーから独自の実況・解説をつけて生中継する。AbemaNewsでは、ご存知の通り、先月12日の「米朝首脳会談」や18日に発生した「大阪北部地震」について、生中継や解説を含めた形で緊急編成を実施して対応した。AbemaNewsについては、引き続き災害時にも役に立つサービスをめざして取り組んでいきたい。次に「ビデオパス」についてだが、先月30日から8月31日まで直近3年間の「戦隊・ライダー」シリーズの見放題独占配信を現在実施中である。そして、先月2日に最終回を迎えた土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」は非常に好評であり、9月30日まで期間を大幅に延長して見放題独占配信を現在続けている。「おっさんずラブ」は、これまで配信された7話全てが同時にビデオパスの全ジャンルランキングでトップ10入りをはたしており、異例の人気となっている。この「おっさんずラブ」DVD&Blu-rayの予約数が、テレビ朝日のドラマ史上最高を記録し、また同時に告知した「公式ブック」や、オフィシャルグッズの予約数も過去最高水準となっている。非常に良い形で展開ができている。次に「新日本プロレスワールド」だが、6月9日に大阪城ホールで開催された「DOMINION(ドミニオン)」大会を配信した。今週末の現地時間7日には3度目のアメリカ開催となるサンフランシスコでの大会の配信も行う。アメリカを含めたファンがかなり増えており、今後ともグローバル・コンテンツとして成長させていきたい。最後にイベント関連は、7月27日から3日間、恒例の苗場スキー場にて日本最大級の野外ロックフェスティバル『FUJI ROCK FESTIVAL '18』を開催する。最終日の一番の目玉は、ノーベル文学賞受賞者であるボブ・ディランさんにご出演いただく。フジロック初出演となる。
亀山専務:5月25日公開の「妻よ薔薇のように〜家族はつらいよ3」は、7月1日までの累計で動員数が78万6767人、興行収入8億7733万円という状況で推移している。今後の公開作品についてもご報告する。夏休み恒例となる「仮面ライダービルド/ルパンレンジャーVSパトレンジャー」の劇場版が、8月4日より公開予定である。合わせて「夏祭りSUMMER STATION」についても報告する。今年も、7月14日から8月26日に開催する。去年は585万人もの方々に来場頂き、初年度からの総来場者数も2000万人を突破した。今年は節目の5年目となり、人気番組と最新テクノロジーのコラボ企画やAbemaTVとの連動企画など、さまざまな施策を予定している。いくつかご紹介すると、昨年大好評だったアトリウム2階のドラえもんエリアは、大冒険ARアトラクションを展開する。本社1階アトリウムでは、最新技術を駆使して「アメトーーク!」「徹子の部屋」などのテレビ朝日番組と連動したアトラクションの数々をご用意する。本社7階では、屋上テラスと社員食堂を全面開放し、人気番組とコラボレーションしたアトラクションを昨年以上に充実させる予定である。東京タワーをバックに全長50mのジップラインが楽しめるなど、大人も子供も身体を動かして遊んでいただければと思う。7階「バラエティ食堂」や「大屋根カフェ&ビアテラス」、「毛利庭園水上ハイボールフェス/TOKYO BEER TERRACE」、「かき氷コレクション」などグルメエリアもさらにパワーアップしたい。サテライトエリアとして、若葉台では8月11日から26日の期間で、「若葉台キャラクターランド」を開催する。夏の恒例イベントとなったジャニーズJr.のEXシアター公演は、全59公演、およそ10万人の動員を予定している。安全でスムーズな運営による混雑緩和を進め、来場者の満足度のアップを図り、収益にも寄与したい。
※新日本プロレスワールドの会員数は、1月4日の東京ドーム大会で4割くらい増加したそうだが、今回の「DOMINION」大会でどのくらい増えたのか。
武田専務:実数は把握していないが、海外会員は相当増えていて、「DOMINION」大会後2割強、海外の会員が増えたと聞いている。
※テレビ朝日の女性社員が前財務事務次官からセクハラを受けた問題で、その後処分等あったのか。
角南社長:当社の就業規則に基づいた処分は行っていない。ただ部下からセクハラ被害の報告があったにもかかわらず、組織としての情報共有が欠けたため、適切な対応ができなかったことについては、当該社員の直属の上司に対しては報道局内で、情報共有の重要性などを指摘して指導した。また、取材活動で得た情報と音声データの一部が第三者に渡される結果となったことについては、当社としても遺憾に思っており、当該社員に対しては報道局内で、取材情報の取り扱いについて指導をした。一方で、当該社員が週刊誌に音声データを提供したことは、公益目的からもセクハラの事実を訴えたものであり、その考えは理解できるものと認識している。これは以前も申し上げた通りだ。処分を行わなかった理由だが、上司はセクハラ事案を社内で情報共有することについて十分に考えが及んでいなかったものであって、セクハラの事実を隠ぺいする意思はなかったこと、及び上司本人も情報提供ができなかったことを反省していることなどを総合的に考慮して、当社の就業規則に基づく処分を行うまでもないと判断した。当該社員については、週刊誌への音声データの提供は、公益目的からセクハラの事実を訴えたものであったこと、週刊誌に提供した音声データに含まれていた取材内容は、セクハラ行為が取材中に行われたことを示すために必要な範囲に限られていたこと、本人も反省していることなどを総合的に考慮して、当社の就業規則に基づく処分を行うまでもないと判断した。
※8日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」についてだが、渋谷すばるさんがラストということで生放送が実現した経緯と、最後7人で演奏されることへの期待は。
亀山専務:うちのスタッフが最後に当たり交渉して、こういうチャンスを事務所に作っていただいたということだと思う。非常に、ひとつの大きな区切りなので、良い形での放送をしていければと思う。
※昨日メンバーの安田章大さんが去年の手術と今年のケガを公表したが、生放送に影響があるか。
亀山専務:いま伺っているところではご出演いただけるとお聞きしている。本当に一日も早い回復をお祈りしているところだ。
※予定されていた演出を変更することはあるのか。
亀山専務:そこまではスタッフから聞いていない。
※演奏はされるのか。
亀山専務:そうだと思う。
※「おっさんずラブ」は放送後も好評だが、再放送やスピンオフ、続編、映画化などあるか。
亀山専務:色々ご要望いただいており、ご期待にお応えできるような形になるよう検討しているところだ。まだ決まっていないので、ご報告できる状況になれば速やかにご報告したい。
※再放送は?
亀山専務:それも含めて検討している。
※ワールドカップで日本代表がベルギーに逆転負けしたが、この結果を受け、社長のコメントは。
角南社長:私も見ていた。日本代表が8年ぶりに一次リーグを突破するなどして躍進し日本戦が高視聴率となった。前回のブラジル大会に比べて時差が少なかったこともあり日本戦以外でも注目された試合など高視聴率となっている。日本戦はなくなったが、本日はスウェーデン対スイスを中継する、ぜひとも楽しんでいただきたい。

PAGE TOP