HOME > 会社情報 > テレビ朝日倫理規範

テレビ朝日倫理規範

この倫理規範は、テレビ朝日およびテレビ朝日グループ各社が放送をはじめ様々な事業活動を行っていくうえで、順守すべき基本的・普遍的なルールを定めたものです。

この倫理規範の順守を、私たちは自らの重要な役割として日々率先垂範し、関係先をはじめ社内への周知徹底と定着に最大限の努力をします。

(1)放送法・その他法令をはじめ社会的規範を順守し、公正で健全な事業活動を行う。
放送法をはじめとする法令・民放連放送基準・テレビ朝日放送基準や社会的規範、社会的良識に基づいた事業活動を行います。
社会的秩序や会社の健全な活動に悪影響を与えるあらゆる個人・団体とは一切かかわりません。
国際社会のルールに適応した企業運営を行い、グローバル企業としての新たな発展をめざします。

(2)真実を迅速に報道し、また、楽しい健全な番組をつくり放送することにより、経済・社会の発展に貢献する。
視聴者のニーズに対応した的確なニュース・情報を提供するとともに、文化の向上に資する健全な番組やコンテンツ、イベントなどを提供します。

(3)放送やその他の事業活動を通じて市民・社会に貢献することを目指す。
市民・社会との密接な交流、連携、協調を図り、市民社会の発展に寄与します。

(4)従業員の人格・個性を尊重し、活力ある明るい職場環境を確保する。
従業員一人ひとりの主体性と想像力を大切にし、事業活動に生かされる社風をつくります。
また、職場の安全と従業員の健康を守るとともに、人権を尊重し、差別のない健全な職場環境を確保します。

(5)グローバルな視野をもってステークホルダー(利害関係人)との良好な関係を維持する。
視聴者・アドバタイザー・広告会社・制作会社・その他取引先・地域社会・株主・従業員などを含む幅広い社会との健全で良好な関係維持に努めます。

(6)地球環境の保全と豊かで住みやすい社会作りに貢献する。
地球環境をより良い状態に保全していくことが、会社としての責務であると自覚します。

PAGE TOP